IT関係を職業として選ぶ

IT関係の仕事を自分の職業として選ぶ時、その会社のどの部門に入りたいと考えるでしょうか。
会社なら、一般的な商社などとほぼ変わらないくらいの部門があり、IT関係としては、花形とも言えるシステム開発に直接関わるSEはもちろんのこと、総務事務、営業もあれば、広報や経理部門などもあります。
もちろん、入社に際してIT関係の資格を持っている方が入社への近道になると思いますが、その実力をどこで発揮しようと思うかは個人の自由です。

その会社に就職を希望してエントリーする時、自分が1番関わりたい部門を選んでエントリーシートを記入するはずです。
SEとして入社しなくても、IT関係の会社に入社するだけで、ITの関係者であり、それを職業として選んだことになるのです。
IT関係の会社だから、全員がSEと言う訳ではなく、それ以外の部門の人材もいて、それがひとつ欠けても会社としては成り立ちません。
何よりも、経営すると言うことのバランスをうまく取っている会社が現在成長しているIT関係の会社だと思います。

職業として事務職を選んでも、IT関係の会社に働くことは可能なのです。
SE以外を希望されている方も、ぜひIT関係の会社を就職先から外すことなく、ぜひエントリーして欲しいと思います。
IT関係の会社が求める人材は、多岐に渡ります。
いま自分が出来ることをしっかりと見極め、まず、どんな部門を職業として選ぶのかを決めた上で、就職活動を頑張って欲しいと思います。

また、独学にてスキルがある方はフリーランスという働き方もおすすめです。
ただし、やはりどこにでも壁はつきものなので、最初に大切なのは見極めです。参考資料はこちらをご覧下さい。きっとあなたのヒントになるはずです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です